Hatch Apprenticeship Program

エンジニアリングキャリアへの架け橋

Hatchは、社会的少数グループを対象とした、6か月間のソフトウェアエンジニアリング実習プログラムです。

Twilioは、応募書類だけでは求職者の真の姿を理解できないと考えています。Hatchプログラムは、さまざまな教育、職業、生活を経験してきた人々を対象として、ソフトウェアエンジニアリングという仕事を体験できるように設計されています。

Hatchでは、実習生は実際に仕事をしながら、キャリアアップに必要なスキルを学ぶことができます。アイデンティティや個性を否定されることはありません。

実習制度

Hatchへの申し込み

Hatchでは、少人数のグループで大きな目標を達成します。

それぞれのHatchグループが共同でプログラムの第1パートに取り組みます。その後、すべての実習生がエンジニアリングマネージャーとペアを組み、1人または複数の技術指導者がサポートします。

Twilioの目標は、Hatch実習生を正社員として雇用し、上級職へと成長させることです。2023年までに100人のHatch実習生を受け入れて、ソフトウェアエンジニアリングにおける公平性、多様性、アクセシビリティをさらに進めていきます。

Hatchに関心がある方は、ぜひお問い合わせください。

hatch@twilio.com

Hatchからの声

貴重な意見の数々。Hatchプログラムに参加した人々の声をお聞きください。

Vivek Nair

私の強みは技術力ですが、コミュニケーションスキルを学べたことは、Hatch実習プログラムの立ち上げに大いに役立ちました。

Andi Oneto

Hatchでは、Twilioというトップ企業で安心して学習することができました。他のエンジニアからも刺激を受けながら、人間としても大きく成長できました。

Michael Morel

Hatchに参加できたおかげで、自分のエンジニアリングのレベルを向上させることができました。他の場所で学習していたら、はるかに長い時間がかかったと思います。Twilioが提供してくれたサポートシステムは素晴らしく、私たちを信頼してプロジェクトを任せてくれたことは励みになりました。

Allie Glotfelty

ソフトウェアエンジニアとしてキャリアをスタートさせるのに、Hatchほど良い機会はないと思います。Hatchは、成功に必要な自信、コミュニティ、スキルを私に与えてくれました。

Benjamin Stephens

Hatchでは、優秀なエンジニアたちと一緒に成長することができました。探究心、実験精神、責任感を養うことができる素晴らしい機会でした。

Jadzia Thomas

Hatchではマンツーマンでサポートしてもらえ、技術の向上やキャリア形成だけでなく、素晴らしい友人にも恵まれました。困難にぶつかっても1人で悩むことなく、みんなで取り組むことができました。