You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Twilio IoT: マイクロモビリティ

1番になる。すばやく構築する。
Twilio IoTでグローバルに拡張。

IoTに関するお問い合わせ
Twilio IoTを使用し、車両を迅速に展開して管理

マイクロモビリティ運用のリーディング企業が、Twilio IoTのセルラー接続プラットフォームで自社の車両を接続し、グローバルな運用を自動化しています。

迅速なグローバル展開

Twilioでは、1つのプラットフォームから180か国以上の信頼できるTier 1ネットワーク接続にすぐにアクセスできるため、新規市場でも、単一のユニバーサルSIMを使用して展開できます。

global-reach
Twilio IoTによる迅速な市場展開

Twilioは、必要な数のSIMをわずか5日間で世界中のメーカーに直接送ることができます。製造時と出荷時にSIMの状態をAPIベースで制御するため、迅速に展開しながらSIMエラーを最小限に抑えます。

get-faster
より多くの車両を稼働

APIを使用して、車両のSIMライフサイクルのあらゆる側面を制御。Twilioでは、車両全体を表示し、SIMの盗難を含む接続の問題を特定できるため、路上の車両を常に管理することができます。

scooter-co

Twilio IoTの違い

マイクロモビリティビジネスでは、細かいことが成功を左右します。Twilioは優れた接続性、APIの高可用性、拡張性、速度を提供するため、新規市場を獲得してビジネスを展開できます。

オールインワンのコミュニケーションプラットフォーム

単一のプラットフォームを使用して、WhatsAppから音声、ビデオ、メール、SMSまで、あらゆるチャネルでユーザーと通信します。

信頼性の高いAPIプラットフォーム

TwilioのパワフルなAPIをベースに開発されたツールと、APIアップタイムが99.999%の開発者プラットフォームを使用して、迅速な構築・稼働が実現します。

billing
面倒な手間をかけることなく請求を統合

Twilio IoTはIoT接続に従量課金制を採用しているため、Twilioを使用することにより、国やキャリアごとに料金を交渉する必要がありません。

開発者ツール

直感的なAPI、開発者キット、分かりやすいドキュメントを使用して、開発サイクルを短縮します。

車両の識別情報を事前に組み込み

Twilio SIMに組み込まれたX.509証明書を使用して、車両の一意の識別情報IDを定義。独自のバックエンドサービスまたは任意のクラウドサービスを使用して車両を認証します。

sign-up
サインアップ時にユーザーを確認

電話番号の偽造は非常に困難なため、Twilioでは、電話番号の検証と二要素認証を使用してユーザーIDを安全に認証し、不正または重複したサインアップを減らすことができます。

ホワイトペーパーはこちら

IoT接続プロバイダーに対する5つの質問

このガイドでは、お客様のビジネスに最適な接続オプションを判断する方法について説明します。おさえるべきポイントと、必要な重要機能についてご確認ください。

ホワイトペーパーをダウンロードする
whitepaper