Twilio MMS

テキストに加え、ビジュアルコンテンツをあらゆる携帯電話で提供することができます。

機能

画像形式のサポート

各種MMSメディアを送受信可能

ショートコード

MMS送信30件/秒が可能

保存

容量無制限の無料メディアストレージ

双方向API

TwiMLによる応答と、REST APIによる送信

メッセージキューイング

同時に発生したメッセージリクエストをロジック処理

従量課金

MMSの送信には$0.02、受信には$0.01

ビジネスの成長をサポートするTwilio MMS

多くのトップ企業がTwilioを利用し、画像を組み込んだリアルタイムの顧客コミュニケーションを実現しています。

ユースケース

カスタマーサービスとプロモーション

Nordstromは、顧客と販売員が写真をリアルタイムに送受信、商品を購入できるサービスを導入。このパーソナルショッピングに、Twilio MMSを活用しています。


画像を使用した記録

リフォームのプロ数千人が、写真付きのMMSメッセージを送信。その記録がHome Depotのオンラインポートフォリオになります。

Twilio MMSの基本的な仕組み

Twilio Messaging APIによる、画像送信の基本的な仕組みを説明します。

デモ

電話番号を入力しMMSを受信


このデモは、米国とカナダで利用可能です。

[MMSを送信]をクリックするとTwilioにリクエストが送信され、入力した電話番号にSMSを送信するよう指示します。サーバーロジックがサンフランシスコの天気予報を判断し、MMSを介し関連するグラフィックを番号に送信します。

[MMSを送信]をクリックするとAJAXリクエストが作成されます。次に、Twilioに対するサーバーサイドのHTTPリクエストが起動し、MMSの送信先となる番号と送信する写真のURLが渡されます。画像メディアは、キャリアや電話機に合わせて自動的に変換されます。