You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Runtime

Twilioマネージドのサーバーレス環境と最新の開発ツールを使用し、アプリを構築、運用することが可能です。

構築の手間を削減し、スピーディーなアプリ開発を可能に。

studio.png

ワークフローの作成、共有がドラッグアンドドロップで可能

Studioのドラッグアンドドロップウィジェットを使用すれば、コミュニケーションタスクのコーディングが不要になります。ウィジェットをドラッグし、数回クリックするだけでIVR、SMS、自動応答システムを構築することができます。

Studioの詳細はこちら

サーバーレス環境に構築

カスタムロジックを含むStudioフローの記述、拡張には、Twilio Functionsを使用できます。マイクロサービスを作成・公開するか、サードパーティエンドポイントをお使いのTwilioアプリケーションと連携することができます。

機能の詳細はこちら

languages.png

アプリケーションアセットの管理にTwilioのCDNを活用

Assetsを利用し、お使いのTwilioアプリケーションに必要なメディアファイル、画像、付随データをアップロードすることができます。プライバシー設定を制御し、単一のプラットフォームから複数のファイルを管理できます。

Assetsの詳細はこちら

開発言語とツールを選択可能

TwilioのSDKは、使い慣れた言語やフレームワークによるAPIレスポンスのラップが可能。サーバーサイド、JavaScript、モバイルなどの条件を問いません。コマンドラインから直接Twilioのアプリケーションを稼働できるため、開発時間を短縮できます。

Twilio SDKの詳細はこちら