You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Menu

Expand
このページを評価:

Twilio Verify PHP Laravelクイックスタート

Twilio Verifyは、コーディングの負荷を大きく軽減します。コード数行の追加で、PHP Laravelアプリケーションによる電話番号認証、セキュリティ強化が可能です。

このPHP Verifyクイックスタートでは、Verify REST API、Twilio PHPヘルパーライブラリー、Laravel PHP Frameworkを使用し、簡単に開発する方法を説明します。

このクイックスタートでは、以下について説明します。

  1. Twilioにサインアップする
  2. 開発環境を設定する
  3. SMS電話認証を送信してみる
  4. 認証コードを確認する

多忙な人のために、こちらのTwilioのCode ExchangeとQuick Deployを使用すると、2分かからずに、編集可能なローコードの認証デモを起動できます。

Twilioにサインアップする

すでにTwilioアカウントをお持ちの場合は、このステップは必要ありません。次のステップに進んでください。

PHPからSMSを送信するには、Twilioアカウントにサインアップするか、すでにお持ちのアカウントにサインインします。

無料のTwilioトライアルアカウントには、こちらからサインアップできます。

  • サインアップの際に、お客様個人の電話番号を確認させていただきます。Twilioがお客様の身元を確認するためだけでなく、お客様が試用版のご利用中に、自分のTwilioアカウントから電話にテスト用の認証メッセージを送信するためのものです。このチュートリアルでは、まさにこの電話認証ステップの構築方法を学ぶことになります。
  • 電話番号が認証されると、プロジェクトの作成を求められます。このチュートリアルでは、"Learn and Explore"(学びながら探検)テンプレートを使用します。プロジェクトに名前を付けるか、"skip remaining steps"(残りのステップを省略)をクリックし、デフォルト値で続行します。
  • プロジェクト作成フローを終えると、Twilio Consoleにプロジェクトダッシュボードが表示されます。ここでは、アカウントSIDや認証トークンを取得したり、認証サービスを作成することができます。

電話番号の購入は必要ですか?

過去にTwilioでSMSを送信したことがある方は、Twilioで電話番号を購入されたのではないでしょうか。Twilio Verifyでは、Twilioが電話番号をご用意します。(ご自分でTwilioから電話番号を購入する必要はありません。)Verify APIは最適なルートを選択し、認証コードを迅速、確実にグローバル配信します。

Verifyサービスを作成する

Verifyを利用するためには、Verifyサービスを作成する必要があります。Verify APIリクエストを送信するには、Twilioの認証情報(アカウントSIDや認証トークン)とVerifyサービスSIDの両方が必要です。サービスの作成やアップデートは、次の2通りの方法で行うことができます。

  1. Verifyコンソールで行う
  2. Verify APIを使用する

サービスの設定からは、名前(メッセージテンプレートに表示される)の編集、認証コード長(4~10文字)、ユーザーが認証コードを他の人と共有するのを防ぐための警告メッセージの有無などの設定が可能です。

これでTwilioアカウントとVerifyサービスが作成できたので、早速コードを書いてみましょう.次に、PHP用のTwilioヘルパーライブラリーをインストールします。

PHPコアをインストールする

すでに他のPHPクイックスタートをご覧になり、PHPとComposerをインストールしている場合は、このステップをスキップし、最初の認証メールを送信できます。

電話を認証し、最初のSMSを送信するには、PHP 7がインストールされている必要があります。PHPがインストールされているか不明な場合は、次のコマンドを実行すると、インストールされているバージョンを確認できます。

php --version

Twilio SDKではPHPバージョン5.3以降が必要です。ただし、5.3より古いバージョンはサポート対象外のため、このチュートリアルではPHP 7.1以降を使用します。

サポートされているバージョンのPHPがインストールされていない場合は、まずインストールします。手順に従い、ご利用のプラットフォーム(Windows、Mac、Linux)用のPHPをインストールします。

プロジェクトの依存関係は、Composerを使用して管理します。インストールされていない場合は、手順に従ってダウンロードし、インストールします

        
        
        
        ユーザーの電話番号にワンタイムパスコードを送信します。

        SMS認証コードを送信する

        ユーザーの電話番号にワンタイムパスコードを送信します。
              
              
              
              ユーザーに送信したワンタイムパスコードを確認します。返されたJSONの「status」の値が「approved」であれば、指定したコードが正しいことを表します。

              認証コードを確認する

              ユーザーに送信したワンタイムパスコードを確認します。返されたJSONの「status」の値が「approved」であれば、指定したコードが正しいことを表します。

              認証アプリケーションのサンプルプログラムを構築する

              最初に、VerifyクイックスタートのPHPリポジトリをクローンします。

              git clone git@github.com:TwilioDevEd/verify-v2-quickstart-php.git

              gitをインストールしていない場合や、ソースコードをダウンロードする場合は、こちらからプロジェクトのzipファイルを入手してください。

              プロジェクトの依存関係をインストールする

              次のコマンドを実行し、新しいプロジェクトディレクトリを入力します。

              cd verify-v2-quickstart-php/

              以下の手順でComposerをインストールし、起動します。

              php composer.phar require Twilio/sdk

              次のコマンドを実行し、.env.example.envにコピーします。

              cp .env.example .env

              内容を更新し、Twilioアカウントの機密データを設定します。

              # Twilio API credentials
              # (find here https://www.twilio.com/console)
              TWILIO_ACCOUNT_SID=ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
              TWILIO_AUTH_TOKEN=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
              
              # Verification Service SID
              # (create one here https://www.twilio.com/console/verify/services)
              TWILIO_VERIFICATION_SID=VAXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

              ローカルSQLiteデータベースファイルを作成します。

              touch database/twilio_verify_quickstart.sqlite (Unix like OS only)

              データベースのマイグレーションを実行します。

              php artisan migrate

              アプリケーションキーを作成します。

              php artisan key:generate

              アプリケーションを実行します。

              php artisan serve

              すべての情報が正しく設定されている場合、アプリが起動したというメッセージがすぐに表示されます。

              サンプルプログラムでTwilio Verifyを動かしてみる

              http://localhost:8000/registerを開きます。次のような登録フォームが表示されます。

              sign up form with phone verification

              電話番号を入力し、どのチャネルで認証するか選択します。最後に、緑色の[Sign Up](サインアップ)ボタンをクリックし、待ちます。入力した電話番号に音声通話が着信するか、認証トークンの記載されたSMSが届きます。音声通話で認証する場合は、セキュリティ強化のための操作が必要です。(電話のプッシュボタンで番号を入力するように求められます。)

              トークンを認証入力フォームに入力し、[Verify](認証)をクリックします。

              verification entry form

              Twilio Verifyを使った電話認証が成功しました。ログアウトし、まだ試していないチャネルを試すことができます。

              次のステップ

              デモアプリは、不正ユーザーによる会員登録、データベースの書き換えを防止できるようになりました。次に、利用可能なすべての変数とオプションをVerify APIのリファレンスで確認します。

              その後、Verify APIでサポートされている認証チャネル(以下)が追加されることを確認します。

              最後に、不正行為からサービスを保護するために、Verifyを使用する際の不正利用防止に関するガイダンスをご覧ください。

              Maylon Pedroso Mica Swyers
              このページを評価:

              サポートが必要ですか?

              コーディングに関するご質問、ご不明点等ございましたら、お問い合わせからご連絡いただくか、TwilioのStack Overflow Collectiveにアクセスいただくか、Stack OverflowサイトでTwilioタグを検索してください。

                    
                    
                    

                    フィードバックいただき、ありがとうございました。

                    フィードバックいただいた理由を選択してください。その他、ご意見をいただければ、今後のドキュメントの改善に役立てさせていただきます。

                    フィードバックを送信中...
                    🎉 フィードバックいただき、ありがとうございました。
                    何らかの問題が発生しました。もう一度試してください。

                    フィードバックいただき、ありがとうございました。

                    Twilioを紹介して$10ゲットしてください。次の3ステップです。

                    ステップ1

                    リンクの取得

                    無料の個人用紹介リンクをこちらから取得してください

                    ステップ2

                    $10受け取るには

                    あなたの顧客がサインアップし、リンクからアップグレードすると、プレゼントします

                    ステップ3

                    $10ゲット

                    1,250通の無料SMS
                    または、1,000分の無料音声通話
                    または、12,000チャット
                    そのほか