You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Menu

Expand
このページを評価:

Studio

Twilioは、開発者のイマジネーションを無限に解放していくために創業されました。今では、すべての開発者が、Twilio Studio(少コード/無コードのアプリケーションビルダー)で、コミュニケーションワークフローを視覚的に作成、編集、管理できるようになりました。ウィジェットをドラッグ&ドロップし、音声、メッセージング、コミュニケーションアプリを開発できるため、コーディングが不要です。Studioを使い、注文通知から電話連絡網、アンケートツール、SMS対応のチャットボットまで作成できます。

プランや料金については、こちらのStudio製品ページをご覧ください。Twilioサービスの基本料金は、Studioとは別料金になります。ご承知おきください。

StudioのHIPAA準拠

詳細はこちら

Studioを使用し、Twilio上でHIPAA準拠のヘルスケアアプリケーションを開発する方法を、HIPAA向けの設計ホワイトペーパーでご確認いただけます。

はじめに

Studioユーザーガイドを参考に、Studionoキャンバスとウィジェットを使いこなせるようにしましょう。

Studio IVR

リソース

利用可能なウィジェットや設定については、Studioウィジェットライブラリーを参照してください。

Liquidテンプレート言語の詳細を確認し、フローに機能を追加しましょう。

作成可能なリクエストの詳細については、REST APIリファレンスページを参照してください。

Event Streamsをご覧になり、リアルタイムレポートに関するStudioフローイベントを購読してください。

独自のアプリケーション開発

あらかじめ用意されたフローテンプレートや、一般的なビジネスユースケースごとにガイドをご用意しました。IVRやアンケートの作成方法をすぐに理解できます。

このページを評価:
        
        
        

        フィードバックいただき、ありがとうございました。

        フィードバックいただいた理由を選択してください。その他、ご意見をいただければ、今後のドキュメントの改善に役立てさせていただきます。

        フィードバックを送信中...
        🎉 フィードバックいただき、ありがとうございました。
        何らかの問題が発生しました。もう一度試してください。

        フィードバックいただき、ありがとうございました。

        thanks-feedback-gif