Twilioの文化、多様性、帰属意識

コミュニケーションの未来とは、インフラスの開発だけではありません。Twilioでは公平性、平等性、帰属意識を全社指針としており、グローバルな製品開発、多様性を反映したコミュニケーションを推進していきます。

Twilioにおける多様性とは

Twilioは、多様性という考えを行動で示すべきと考えています。具体的には、少数グループのコミュニティに活躍の場を提供しています。あらゆる壁を取り払い、新たな可能性を切り開き、テクノロジーを活用して世界を変えるための橋渡しをしていきます。

公平な人材活用

Twilioは、新しい可能性に挑戦する才能を発掘します。単なる書類選考ではなく、才能、実行能力、強い責任感を重視します。テクノロジー業界の内外から、さまざまな経験と多様な経歴を持つ人材を受け入れ、雇用の機会を広げ、より公平なテクノロジー産業を構築していきます。

Twilio After Hours

Twilio After Hoursは、技術系のコミュニティにおける少数グループにも開かれた、多様性を受容する環境を創出することを目指しています。本音で語り合え、楽しく交流でき、公私にわたって有意義な人脈作りができる場を提供します。

Hatch: Engineering Apprenticeship Program

Hatchは、異なる経歴を持った少数グループの候補者を招待し、指導や実習、スキルの育成を通して、テクノロジー業界でのキャリアをスタートできるよう支援するプログラムです。

平等への取り組み

キャリアアップのチャンスは、誰もが公平に与えられるべきものです。

Twilioは採用、人材開発はもちろん、給与体系や昇進についても公平性を貫いています。従業員へのサポートを通じて、キャリアアップの意欲を高めることにも取り組んでいます。

常識にとらわれない

このプログラムは「culture of inclusivity(多様性を受容する文化)」を構築しながら、開発者となる人材の募集、採用、定着を目的としています。

"カルチャーフィット"という考えを捨てる

グローバルに展開する企業として、Twilioはビジネスの成長だけでなく、企業文化の発展にも貢献できる人材を発掘したいと考えています。「カルチャーフィット」する人材だけの均一化された職場環境ではなく、多様な人材が参加、貢献し、成功できる職場環境を構築することに取り組んでいます。

帰属意識の醸成

Twilioでは、お互いを協力し尊敬し合える環境の構築に取り組んでおり、従業員は日々の仕事やボランティア活動の機会を通じて有意義な関係を築くことができます。

コンセプトやアイデアからプロトタイプを作り実装する活動において、このような環境は非常に大切です。帰属意識を高めることにより、たくさんの良いアイデアからお客様に最適な製品を生み出すという気風が培われます。

包括的なチームの構築

Twilioでは、マネージャーが自らの責任として多様性に富んだ包括的なチーム文化を築き、メンバーの育成と責任感の醸成を実施しています。

多様性に関するデータ

多様性は数字だけで測れるものではありません。Twilioは企業の責任として、企業公約、コミュニティ、従業員のすべてに、多様性を反映しています。

2023年度までに以下の目標の達成を目指しています:

全世界で、Twilio従業員のうち女性の割合を50%にする

米国の全従業員のうち、少数グループの割合を30%にする

全世界で、帰属意識と多様性の指数を100%とし、マイノリティの回答者との差異をゼロにする

性別(全世界)
33%
のTwilionは女性
66%
のTwilionは男性
1%
のTwilionはその他*

* その他とは、"other(その他)"または"do not wish to declare(応えたくない)"を選択した回答者です。

少数グループ(米国)
21%
のTwilionはURP*
7%
のURP TwilionはLGBTQ+

* 少数グループ(URP)とは、黒人系、ラテンアメリカ系、混血、太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他、LGBTQ+、身体障害者、兵役経験者を指します。

人種と民族(全世界)
25%
米国以外*
40%
白人系
21%
アジア系
3%
黒人系
3%
ラテンアメリカ系
2%
混血
1%
太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他
5%
無申告

* 米国以外のデータが含まれています(多様性はグローバルなテーマであるため)。人口統計データを取得できない地域もありますが、従業員を総体的に把握しています。

帰属意識と多様性の指数

私たちは、すべての従業員が帰属意識を持つことができる包括的な環境の構築を目指しています。これらを測定するために、Twilioで働くことをどう感じているかについて、従業員を対象に年代層別に毎年調査を実施し、その結果から帰属意識と多様性の指数(意識の具体的な測定結果)を構成しています。

71%
全体
64%
女性
75%
男性
66%
URP
73%
URP以外
性別(全世界)
77%
の技術職は男性
22%
の技術職は女性
1%
の技術職はその他*

* その他とは、"other(その他)"または"do not wish to declare(応えたくない)"を選択した回答者です。

少数グループ(米国)
18%
の技術職はURP*
5%
の技術職はLGBTQ+

* 少数グループ(URP)とは、黒人系、ラテンアメリカ系、混血、太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他、LGBTQ+、身体障害者、兵役経験者を指します。

人種と民族(全世界)
25%
米国以外*
34%
白人系
28%
アジア系
2%
黒人系
3%
ラテンアメリカ系
2%
混血
1%
太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他
5%
無申告

* 米国以外のデータが含まれています(多様性はグローバルなテーマであるため)。人口統計データを取得できない地域もありますが、従業員を総体的に把握しています。

性別(全世界)
55%
の非技術職は男性
44%
の非技術職は女性
1%
の非技術職はその他*

* その他とは、"other(その他)"または"do not wish to declare(応えたくない)"を選択した回答者です。

少数グループ(米国)
25%
の非技術職はURP*
7%
の非技術職はLGBTQ+

* 少数グループ(URP)とは、黒人系、ラテンアメリカ系、混血、太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他、LGBTQ+、身体障害者、兵役経験者を指します。

人種と民族(全世界)
24%
米国以外*
45%
白人系
14%
アジア系
4%
黒人系
4%
ラテンアメリカ系
3%
混血
1%
太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他
5%
無申告

* 米国以外のデータが含まれています(多様性はグローバルなテーマであるため)。人口統計データを取得できない地域もありますが、従業員を総体的に把握しています。

性別(全世界)
67%
の管理職*は男性
33%
の管理職*は女性

* リーダーシップ職とは、Senior Director以上の役職を指します。

少数グループ(米国)
29%
の管理職*はURP*
5%
の管理職*はLGBTQ+

シニアリーダーシップの* 少数グループ(URP)の定義には、黒人、ラテンアメリカ系、アジア系、混血、太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他、LGBTQ+、身体障害者、兵役経験者が含まれます。ここにアジア系が含まれているのは、テクノロジー業界において取締役以上のリーダーシップ職において著しく少数であるためです。

* リーダーシップ職とは、Senior Director以上の役職を指します。

人種と民族(全世界)
12%
米国以外*
59%
白人系
15%
アジア系
1%
黒人系
3%
ラテンアメリカ系
1%
混血
2%
太平洋諸島島民、ネイティブアメリカン、その他
7%
無申告

* 米国以外のデータが含まれています(多様性はグローバルなテーマであるため)。人口統計データを取得できない地域もありますが、従業員を総体的に把握しています。

賃金におけるギャップ(米国市場のみ)

私たちは毎年、サードパーティベンダーと協力して従業員の報酬を世界規模で評価し、公平で公正な給与体系を徹底しています。

99%
女性対男性
100%
非白人系対白人系

Twilio従業員の声

Ricky Holtz

多様性とその受容は複雑な問題です。しかしTwilioの経営陣は、従業員や他の人々のために会社としてさらに何ができるか真剣に考えてくれています。

Meghan Nesbit

私が特に共感しているTwilioの価値観は、お客様の立場に立つという考え方です。さまざまな視点を尊重する企業風土は、Twilioが他社に誇る特長だと思います。

Yasir Motiwala

多様性はTwilioの常識です。私たちは多様な物の見方を受け入れ、奨励します。いろいろな人材が集まれば、よりよい判断ができ、よりよい会社を作ることができるからです。自分自身でいられるからこそ、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。

Sadia Ahmed

Twilioでは、他人からの評価を気にすることなく、ありのままの自分を出すことができます。ここでは、あらゆる経歴の人が受け入れられ、尊重され、成功するための機会を平等に与えられます。

Paty Souza

以前の職場では、何年も自分の個性を隠し、周囲に「合わせて」きましたが、ようやくTwilioで自分らしく振る舞えるようになりました。話を聞いてもらえることがわかっているので、安心して意見や質問をすることができます。

Daniel Wong

Twilioに入社して初めて、職場のコミュニティの一員になる意味を理解できました。ここでは誰もが歓迎してくれ、受け入れてくれます。

Danielle Green

Twilioは、多様性とその受容を会社の使命の1つにしています。Twilioの一員としてその使命を果たしていることを誇りに思っています。

Raul Benitez

Twilioが働きがいのある会社である理由の1つは、出身や経歴に関係なく、意見に耳を傾けてもらえることです。

Lai-Jin Fong

Twilioでは自分らしく振る舞うことができます。人物や出身に関係なく、自分自身を表現する舞台が与えられることがわかっているので、励みになります。

Anna Vasilko

Twilioでは、テクノロジー業界で働く女性として、チャンスを広げ、大きな自信を得ることができました。多様性を受容する文化のおかげで、帰属意識を感じながら成長できます。

Dominik Kundel

Twilioでは世界のどこで働こうとも、常に自分らしく働くことができます。どこのオフィスでも、世界各国の人に出会えます。

Mercedes Pingarron

Twilioには多様性に富んだ文化があり、誰もがそれぞれの経験と価値観を生かして働いています。だからこそ、アイデアから世界トップクラスの製品が生まれるのだと思います。