Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now
Build the future of communications.
Start building for free

Japanese posts

  • By Shashwat Johari
    SMS等のメッセージをスケジュール送信できるようになりました! Message Scheduling jp

    この記事は北米のソリューションエンジニアのShashwat Johariこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    毎年何百万人もの開発者がTwilioプラットフォーム上で1000億通以上のメッセージを送受信しているなか、弊社では、お客様のアプリケーション開発や保守運用を容易にするソフトウェアと開発者向けAPIのリリースに注力しています。

    お客様からのご要望として、将来の日時を指定してメッセージが送信されるスケジュール設定機能があります。これは、数日後にリマインドやアップデートを送信したいという一般的なアラートや通知のユースケースとなります。今回パブリックベータ版としてリリースしたこのメッセージスケジュール機能を利用いただくことにより、そのユースケースを実現することが可能になります。Twilio Programmable Messaging APIと、メッセージングサービスのメッセージスケジュール機能を利用することで、SMS、MMS、WhatsAppメッセージを将来の日時に送信予約するだけで、あとはTwilioプラットフォーム側でスケジュール調整およびAPIの処理を行います。何よりこの機能は、送信者選択、統合、コンテンツ、コンプライアンスといった、メッセージングサービスとその他のソフトウェア機能とともに、無料で提供されます。

    メッセージスケジュール機能の開発経緯

    多くのSMSやWhatsAppメッセージは何らかのイベントや起点をトリガーとするメッセージとして送信されますが、予約リマインド、スケジュール式アンケート、請求書支払いのリマインドなど …

    Read More
  • By Hiroto Masaki
    changelog 投稿内容のサマリ (2022年1月上旬の内容) changelog Jan-2022 1st half JP

    /changelogサイトへの投稿内容を、こちら/blogサイトに抄訳版として定期的にまとめてご案内しております。製品アップデートの内容のご確認にお役立てください。■■ なお当抄訳版は、月2回を目安に運用しております。最新情報の取得につきましては、これまで通り、/changelogサイトの内容をRSSフィード経由あるいはTwitterチャネル経由でご確認ください。■■ 最後に、内容が正確であるよう努めますが、差異等があると判断される場合にはオリジナルの/changelogサイトの投稿を参考にするようお願いいたします。また記載の日付は米国時間帯ベースとなること、あらかじめご了承ください。

    Message Scheduling is in public beta

    2022年1月12日、フィルタ=Programmable Messaging、リリース=Beta [オリジナルの英語投稿はこちら]

    Twilio MessagingX*1におけるMessage Scheduling(メッセージのスケジュール送信)機能のパブリックベータリリースをご報告いたします。

    (*1 ブログ記事「Twilio MessagingX: Powering the next decade of business messaging(英語)」が参考となります。)

    Twilio Messaging APIを使用して、SMS、MMS、Whatsappでメッセージをスケジュール送信できるようになりました。これまでは、Twilio Messaging APIに対してAPIリクエストを行うと、メッ …

    Read More
  • By Matthew Gilliard
    Juliaのはじめ方 - JuliaとTwilioでSMSを送信する方法 Juliaのはじめ方 - JuliaとTwilioでSMSを送信する方法

    この記事はMatthew Gillardこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    初回リリースが2012年であるJuliaは、機械学習や分散コンピューティングなど、主に数値・科学計算用に設計されたプログラミング言語です。しかし、汎用のプログラミング言語としても使用できるうえ、興味深い機能も備えています。

    本稿では、Juliaの基礎知識とともに、その便利な機能をご紹介します。最後に簡単なスクリプトでTwilio APIを呼び出してSMSを送信する方法をご説明します。

    Juliaの使い方

    まずは、使用するOSに対応したバージョンのJuliaをダウンロードしてインストールするか、OSのパッケージマネージャーを使用してインストールをします。

    Juliaが正しくインストールされているかを確認します。コマンドラインで以下を実行します。

    $ julia --version
    

    以下のようにJuliaのバージョンが表示されれば、正しくインストールされています。

    julia version 1.7.1
    

    次に、以下のコマンドを実行し、MyFirstJuliaディレクトリを新規作成し、ディレクトリに移動します。

    mkdir MyFirstJulia
    cd MyFirstJulia
    

    続いてjuliaコマンドを実行して対話式REPLを開始します。Juliaの起動時に、ターミナルに次のような画面が表示されます。

    REPL実行

    自由にJuliaの使用感を試してみてください。新しい言語を使うとき、私はいつも次の …

    Read More
  • By Sam Agnew
    PythonとBeautiful SoupでWebスクレイピングとHTML解析をする方法 PythonとBeautiful SoupでWebスクレイピングとHTML解析をする方法

    この記事はSam Agnewこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    インターネットにはあまりに多くのデータがあふれています。しかし、これらのデータがREST APIの形式ではないと、プログラムによってアクセスすることは難しくなります。Beautiful SoupなどのPythonツールを使用すると、Webページから直接データをスクレイピングして解析し、プロジェクトやアプリケーションで使えるようになります。

    本稿では、インターネットからMIDIデータをスクレイピングする方法をご紹介します。過去のブログで、Magentaによるニューラルネットワークのトレーニングを使用してクラシックな任天堂ゲームミュージックを作成する方法をご紹介しました。この実装には、昔の任天堂ゲームのMIDIミュージックが必要になります。今回は、Beautiful Soupを使用して、ビデオゲーム音楽アーカイブからMIDIデータを取得する方法をご紹介します。

    プロジェクトの準備と依存パッケージの設定

    まず、最新バージョンのPython 3とpipがインストールされていることを確認してください。また、依存パッケージをインストールする前に、仮想環境を作成して有効にしてください。

    Webページからのデータ取得のHTTPリクエストを作成するRequestsライブラリと、HTMLを解析するBeautiful Soupをインストールする必要があります。

    仮想環境を有効にしたら、ターミナルで次のコマンドを実行します。

    pip install requests==2.22. …
    Read More
  • By Hiroto Masaki
    changelog 投稿内容のサマリ (2021年12月下旬の内容) changelog Dec-2021 2nd half JP

    /changelogサイトへの投稿内容を、こちら/blogサイトに抄訳版として定期的にまとめてご案内しております。製品アップデートの内容のご確認にお役立てください。■■ なお当抄訳版は、月2回を目安に運用しております。最新情報の取得につきましては、これまで通り、/changelogサイトの内容をRSSフィード経由あるいはTwitterチャネル経由でご確認ください。■■ 最後に、内容が正確であるよう努めますが、差異等があると判断される場合にはオリジナルの/changelogサイトの投稿を参考にするようお願いいたします。また記載の日付は米国時間帯ベースとなること、あらかじめご了承ください。

    Regional Voice is now Generally Available in Ireland

    2021年12月29日、フィルタ=Programmable Voice、リリース=GA [オリジナルの英語投稿はこちら]

    アイルランドにあるTwilioのデータセンター(DC)、および、ヨーロッパ地域で初めて「地域化」に対応したチャネルであるTwilio Voiceが、今回正式リリースされました。アイルランドDCでTwilio Voiceが利用可能になったことで、ボイスチャネルに関連するデータの取り込み、処理、保存する場所を地域視点で制御できるようになり、個人情報・データを希望の地域内に閉じ込めて格納・管理することができます。また、お客様アプリケーションにとってより近い場所でデータ処理が行われるため、処理遅延が低減され、極めてインタラクティブでリアルタイムなアプリケー …

    Read More
  • By Hiroto Masaki
    changelog 投稿内容のサマリ (2021年12月上旬の内容) changelog Dec-2021 1st half JP

    /changelogサイトへの投稿内容を、こちら/blogサイトに抄訳版として定期的にまとめてご案内しております。製品アップデートの内容のご確認にお役立てください。■■ なお当抄訳版は、月2回を目安に運用しております。最新情報の取得につきましては、これまで通り、/changelogサイトの内容をRSSフィード経由あるいはTwitterチャネル経由でご確認ください。■■ 最後に、内容が正確であるよう努めますが、差異等があると判断される場合にはオリジナルの/changelogサイトの投稿を参考にするようお願いいたします。また記載の日付は米国時間帯ベースとなること、あらかじめご了承ください。

    Super SIM eSIM profiles Public Beta

    2021年12月15日、フィルタ=Super SIM、リリース=Beta [オリジナルの英語投稿はこちら]

    Twilio Super SIM®のeSIMプロフィールをダウンロードできる機能がパブリックベータリリースとなりました。eSIMへの対応に伴い、REST APIを利用してSuper SIMプロフィールを取得すること、そして取得済みのSIMプロフィールをダウンロードすることが可能となります。なお、SIMプロフィールのダウンロードはTwilioのSM-DP+サーバから、eSIM/eUICCが有効化されているIoTデバイスに対して行われます。

    Twilio Super SIMでは現在、Consumer Profile型と呼ばれるeUICC SIMをサポートしています。Consumer Profil …

    Read More
  • By Hiroto Masaki
    「Twilio Flex簡単導入パック」by TerraSkyでコンタクトセンターをスモールスタ-ト flex-terrasky-jp

    Twilioでは顧客エンゲージメント現状分析2021というレポートを皆さまと共有しております。このレポートは、2020年の顧客エンゲージメントがお客様企業の視点からどのような状況であったかを詳らかにするもので、2021年初頭に刊行されました。日本語フルレポートは100ページ超におよぶものですが、アンケートに回答くださった方々の声から以下5つの主要トレンドが抽出されています。

    • デジタル化の急増により、パーソナライゼーションがより実現可能に
    • デジタルが促進する企業のアジャイル化
    • ヘルスケア、金融サービス、公共部門のデジタル活用が進む
    • ビデオがバーチャル接続を強化
    • 企業が自らシステムを構築する時代へ

    コンタクトセンターは企業のフロントエンドの役割を担っており、顧客エンゲージメントが具現化される場の一つですが、コンタクトセンターにおいても上記主要トレンドが顕在化しつつあると筆者自身も強く感じています。

    また、コールセンター白書2021などのデータからも明らかですが、クラウド型コンタクトセンターの国内市況が活発であり、今がまさに旬な時期です。さらに、エンタープライズコミュニケーション系の米国の業界サイトであるNo Jitterにおいても、「Composableなコンタクトセンターが今後の業界活性化のキーである」といったニュアンスの記事が2021年6月に投稿されています。(この記事では、キーワード「API」「CPaaS」とともに、弊社のコンタクトセンター向けサービスTwilio Flexへ言及されています。)「Composable」は「ビルディングブロック式の」「業務プロセスや …

    Read More
  • By Oluyemi Olususi
    Laravelアプリケーションでリポジトリパターンを使う方法 Laravelアプリケーションでリポジトリパターンを使う方法

    この記事はOluyemi Olususiこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    リポジトリは、ドメインとデータマッピングレイヤー間の抽象化レイヤーとして定義できます。これにより、コレクション的なインターフェイスを通じてドメインオブジェクトにアクセスして両者の仲介手段を提供します。

    LaravelSymfonyなど、最新のPHPフレームワークは、オブジェクト関係マッピング(ORM)を介してデータベースを操作します。SymfonyのデフォルトORMはDoctrineで、LaravelはEloquentを使用します。

    ともに、データベース操作のために異なるアプローチがとられます。Eloquentの場合、データベーステーブルごとにモデルが生成され、操作の基盤が形成されます。一方、Doctrineはリポジトリパターンを使用します。各エンティティには対応するリポジトリがあり、データベースを操作するヘルパー関数が格納されています。Laravelは標準でこの機能は提供していませんが、Laravelプロジェクトでリポジトリパターンを使用することは可能です。

    リポジトリパターンを使う主なメリットは、依存性逆転の原則(具体化でなく抽象化コード)を使用できる点です。これにより、例えば後でEloquentがサポートしないデータソースに変更した場合などに、変更の影響を受けにくいコードを作成できます。

    データベース関連のロジックを一箇所で管理することにより、コードの構成を整理したり、重複を避けることにもつながります。このようなメリットは小規模のプロジェクトではすぐに …

    Read More
  • By Oluyemi Olususi
    CodeIgniterとJSON Web Tokenを使用したセキュアなRESTful APIの構築方法 CodeIgniterとJSON Web Tokenを使用したセキュアなRESTful APIの構築方法

    この記事はOluyemi Olususiこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    クラウドサービスの利用と応用が拡大する中で、Simple Object Access Protocol(SOAP)よりも効率的なアーキテクチャスタイルの必要性が増しています。REST(REpresentational State Transfer)はクライアントとApplication Programming Interface(API)との軽量でステートレスな通信を可能にします。RESTを使った通信はステートレスです。Restful APIのアクセスコントロールはトークンベースで行われ、クライアントが要求したアクションをリソースに実行する権限があるかどうかを判別する情報が伝えられます。

    本稿では、CodeIgniterを使用したRESTful APIの作成方法を紹介します。CodeIgniterは強力な機能を持つPHPフレームワークで、非常に小さなリソースでフルスケールのWebアプリケーションを構築できます。

    必要条件

    CodeIgniterの基本的な知識があると役立ちます。CodeIgniterの知識に不安がある場合も、チュートリアルの中で説明とともに公式ドキュメントへのリンクを紹介します。不明な点があれば、リンクを参照しながらチュートリアルを進めてください。

    また、以下の項目がインストールされている必要があります。

    • Composer
      CodeIgniterプロジェクトの依存関係管理に使用します。
    • ローカルデータベースインスタンス
      このチュートリアルではMy …
    Read More
  • By Kazuo Sugiyama
    2021年12月サポートFAQアップデート Dec

    Technical Support Engineer の杉山です。


    サポートチームでは、定期的に日本語にてFAQ記事を公開しています。これまでに公開したFAQ記事に関しては過去のブログ記事をご参照ください。

    2021年12月に公開したFAQをご紹介いたします。

    弊社およびキャリアが実施するSMSフィルターの基礎知識です。

    安全のためログインのパスワード変更方法を紹介します。

    一度解放した番号を取り戻すことができます。その方法を紹介します。

    来月も引き続きアップデートいたします。

    お楽しみに!

    【注】

    ご紹介したFAQの内容は実情に合わせて変更される可能性がございます。
    FAQのコンテンツを正としてご活用くださいませ。

    Read More
  • Newer
    Older
    Sign up and start building
    Not ready yet? Talk to an expert.