2019年8月30日
Twilio Japan合同会社

イノベーションを支える クラウドコミュニケーションプラットフォームを提供する米Twilio、 日本法人を設立、さらなるビジネス拡大目指す

~ パートナー企業を新たに7社追加~

クラウドコミュニケーションプラットフォームのリーディングカンパニーであるTwilio(本社:米国サンフランシスコ、NY証券取引所コード:TWLO) は、日本でのさらなるビジネス拡大を目指し、Twilio Japan合同会社(GK)(代表執行役員 社長:今野 芳弘、本社:東京都千代田区麹町)を設立しました。本日より営業活動を開始いたします。

近年、企業変革が重要となり、企業は新しいビジネスモデルの構築、新しいサービスの開発、重要顧客の囲い込みなどが課題となっております。事業継続や売上拡大等に向け、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されその土台となるクラウドの市場が爆発的に拡大する中、これらイノベーションを実現するためのコミュニケーションの礎となるクラウドコミュニケーションプラットフォーム市場が拡大していくと予想されます。プラットフォームの一つとして、電話だけでなく、LINE等のマルチチャネルをサポートするSaaS型の次世代コンタクトセンタープラットフォーム「Twilio Flex」、お客様の属性や状況に応じてEメールを配信するプラットフォーム「SendGrid」があります。また、2要素認証をサポートする「Authy」や、電話、SMS、LINE、ビデオ等を用いた有益なコミュニケーションツールを簡単、安全にかつスピーディーに構築する為のサービスを多数取り揃えております。このTwilioが提供するコミュニケーションプラットフォームに対するニーズが高まっている市場動向を背景に、Twilio Japan GKは日本における製品の価値訴求、サービスの更なるローカライズ化、市場に合致した製品開発に取り組んでまいります。

これまで2013年から日本市場にてTwilio製品を独占的に販売、サポートいただいておりました株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ(KWC)様は引き続きリセラーおよびゴールド・SI パートナーとしてこれまで通り、販売、サポートを継続いただきます。KWC様のお客様は今までと変わることなく、TwilioのソリューションをKWC様よりご利用いただけます。 
さらにこの度、日本市場でのTwilio製品、プラットフォームを利用したインテグレーションサービスのニーズの拡大を受け、Twilio Japan GKの営業開始に合わせ、新たに以下7社のSIパートナーを発表いたします。

ゴールド・SIパートナー:NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTT データ・スマートソーシング、株式会社サーバーワークス、株式会社テラスカイ、株式会社パウンド4テクノロジー、クラスメソッド株式会社(50音順 )
レジスタード・SIパートナー: ウルシステムズ株式会社

今後更に日本市場における強固なパートナーエコシステムの構築を目指しお客様のニーズに答えます。これらのパートナー企業はTwilioの認定エンジニアを擁し、お客様のご要望に応じTwilioソリューションのインテグレーション、アウトソース、およびマネージドサービス等を提供します。

Twilioの最高執行責任者を務めるジョージ・フは次のように述べています。
「これまでの6年間、KWC様は日本市場でのビジネス拡大を担い、大きな成果を挙げてきました。日本にTwilioチームを設立し、市場における存在感を高めることで成長を加速させ、日本の顧客企業により良いサービスを提供できるよう努めてまいります」

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ 代表取締役社長 山崎雅人様は次のように述べています。
「KWCとTwilioは6年に渡り良きパートナーとして、これまで日本の数多くのお客様にTwilioを提供し、様々なコミュニケーション手段の実現をサポートしてきました。この度、設立された日本法人とさらに協力していくことで、今まで以上に充実したサポートをお客様に提供できるようになると考えております」

Twilio Japan GK代表執行役員 社長の今野 芳弘は次のように述べています。
「Twilioの一員としてTwilio Japanのビジネス価値を包括的に構築し、日本企業のDXをサポートしイノベーションの加速に貢献していく所存でございます。世界で160,000社を超える様々な規模の企業がTwilioによって顧客エンゲージメントの実現に取り組んでいます。日本においてもスタートアップ企業から大企業まで広く、多くの企業にTwilioをご活用いただくため、Twilio Japan は直販営業の強化、マーケティング活用による市場認知度の向上、ならびにSIパートナーの拡大、コミュニティーの拡大を通し、さらなる市場開拓を目指します」

■Twilioについて
創業2008年3月。 TwilioはSaaS型の次世代コンタクトセンタープラットフォーム「Twilio Flex」やお客様の属性や状況に応じてEメールを配信するプラットフォーム「SendGrid」、2要素認証をサポートする「Authy」 、音声、SMS、チャット、ビデオなど様々なコミュニケーション機能を備えたアプリケーション構築に便利なAPIなど多くのイノベーションに不可欠なサービスを多数提供しています。SaaS型アプリケーションは必要な時に必要に応じてお使いいただけます。また開発者はシンプル、かつ強靭なAPIを用いて必要なコミュニケーション機能をアプリケーションやビジネスに組み込むことで、より効果的なコミュニケーション手段を実現できます。Twilioを活用している開発エンジニアは世界中で約500万人にのぼり、1日あたり1億を超えるメッセージがやり取りされています。
詳細は https://www.twilio.com/japan をご覧ください。

■代表執行役員 社長 今野芳弘の略歴について
大学卒業後 日本無線(株)研究所にて携帯電話、海事衛星通信用コーデックの研究、実用化に従事。22年間、日本HPにてエンジニア、営業を経てソフトウエア事業本部を設立 事業責任を持ち同社と市場の変革に寄与した。日本CA(株)(当時)を経て2011年から7年間アマゾン ウエッブ サービスジャパン株式会社に創設メンバーとして入社しクラウド市場立ち上げに寄与した。主にパートナーとのビジネス開発の総責任を担う。ワークデイ(株)を経て、2019年3月にTwilio Japanに入社し現在に至る。

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社井之上パブリックリレーションズPR担当:小笠原、榎本
TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Email: twilio@inoue-pr.com