Studio

Studioにより構築時間を短縮

Twilioのビジュアルワークフロービルダーはサーバーレスアーキテクチャ上にあり、チャネルとの接続、バックエンドとの接続、お客様とのやり取りのオーケストレーションが短時間で可能です。

Illustration showing a visual workflow you can build to send text messages without code in Twilio Studio.

サーバーの起動や依存関係のダウンロードは不要

Twilio Studio connecting code with different functions

アプリケーションを迅速に開発して反復処理

サーバーを起動したり、開発要員を集めたりすることなく、柔軟な通信アプリケーションを構築できます。カスタムコードと併せてドラッグアンドドロップツールを使用すれば、プロトタイプを作成して繰り返し使用することにより、短期間で本番稼動させることができます。

Studioについての詳細はこちら

システム間の対話をオーケストレーション

チャットボットやIVRから予約リマインダーまで、環境をまたいだ対話型ワークフローをオーケストレーションできます。Studioなら、バックエンドシステムとの間でデータを送受信し、Twilioを使用した対話にコンテキストを追加することができます。

StudioでAutopilotを使用する方法はこちら

全ユーザー、全チャネル向けのIVRを構築

IVRは顧客体験の不可欠な部分です。Studioは、AIと柔軟なAPIにより、顧客のインプットにインテリジェントに応答する動的なIVRを構築するための基盤となります。

Twilio Functionsのお試しはこちら

“Twilio Studioは、スタック全体でシームレスに統合。詳細な分析による知見に基づいてIVRを簡単に反復処理できます。”

Alan Bustelo-Killam Product Manager, Chime

Studioのユースケース


Twilioのサーバーレス環境での構築

IVR

セルフサービス向けの統合IVRを構築

IVRの構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

予約リマインダー

バックエンドとCRMからのREST APIコールを経由し、予約リマインダーを起動します。

スケジュール通知の構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

SMSアンケート

SMSベースのインタラクティブな会話に基づいて、顧客からのフィードバックを収集します。

アンケートの構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

コールセンターワークフロー

ドラッグアンドドロップで操作できるツールを使用して、ワークフローとルーティングに関するルールを簡単に作成・変更できます。

ワークフローの構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

自動応答システム

カスタマイズ可能な自動応答システムを展開し、パーソナライズされたメッセージで受信メッセージに返信。

自動応答システムの構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

通話転送

通話を個人または業務用の番号に転送するため、受信を逃すことがありません。

転送機能の構築方法はこちら An icon of a outbound link arrow

Studioで構築を開始

Twilio搭載の新しいソリューションを今すぐ展開しましょう。