Programmable Voice

場所を問わず、通話環境を構築できます。開発者が信頼するVoice APIを使用し、全世界で通話を発信、受信、モニタリングできます。

最新のリリース
Media Streams Beta

顧客の通話体験をリアルタイムで改善。通話の未加工の音声ストリームにアクセスし、高度なAI/ML機能をTwilio Voiceアプリケーションに統合します。 さらに詳しく.

Voice Insights GA

通話品質とパフォーマンスデータをかつてないレベルで検証。通話問題を未然に特定し、顧客の信頼を高めることができます。 さらに詳しく.

Twilio Autopilot GA

AIを利用した会話IVRで、シームレスなサービス体験を実現します。 さらに詳しく.

通話をコードで管理
会話は場所を選びません。Twilio Voice APIを使えば、通話の発信や管理ができるほか、ブラウザ、アプリ、電話など、受けたい場所に通話をルーティングできます。
通話を発信すると、Twilio Voice APIが発信先の電話番号とともに、通話のルーティング方法に関するTwiML指示を提供するサーバーロケーションを提示します。
1

Voice APIから通話を発信する

2
  • PHP
  • Node
  • Python
  • Ruby
  • Java
  • .NET (C#)
  • CLI
  • cURL
<?php

// Update the path below to your autoload.php,
// see https://getcomposer.org/doc/01-basic-usage.md
require_once '/path/to/vendor/autoload.php';

use Twilio\Rest\Client;

// Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/console
$sid    = "ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";
$token  = "your_auth_token";
$twilio = new Client($sid, $token);

$call = $twilio->calls
               ->create("+15558675310", // to
                  "+15017122661",       // from
                  array("url" => "http://demo.twilio.com/docs/voice.xml")
               );

print($call->sid);
// Install the C# / .NET helper library from twilio.com/docs/csharp/install

using System;
using Twilio;
using Twilio.Rest.Api.V2010.Account;


class Program 
{
  static void Main(string[] args)
  {
    // Find your Account Sid and Token at twilio.com/console
    const string accountSid = "ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";
    const string authToken = "your_auth_token";

    TwilioClient.Init(accountSid, authToken);

    var call = CallResource.Create(
      url: new Uri("http://demo.twilio.com/docs/voice.xml"),
      to: new Twilio.Types.PhoneNumber("+15558675310"),
      from: new Twilio.Types.PhoneNumber("+15017122661")
    );

    Console.WriteLine(call.Sid);
  }
}
// Install the Java helper library from twilio.com/docs/java/install

import com.twilio.Twilio;
import com.twilio.rest.api.v2010.account.Call;
import com.twilio.type.PhoneNumber;

import java.net.URI;

public class Example {
  // Find your Account Sid and Token at twilio.com/console
  public static final String ACCOUNT_SID = "ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";
  public static final String AUTH_TOKEN = "your_auth_token";

  public static void main(String[] args) {
    Twilio.init(ACCOUNT_SID, AUTH_TOKEN);
    Call call = Call.creator(
        new com.twilio.type.PhoneNumber("+15558675310"),
        new com.twilio.type.PhoneNumber("+15017122661"),
        URI.create("http://demo.twilio.com/docs/voice.xml"))
      .create();

    System.out.println(call.getSid());
  }
}
// Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/node/install
// Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/console
const accountSid = 'ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX';
const authToken = 'your_auth_token';
const client = require('twilio')(accountSid, authToken);

client.calls
  .create({
    url: 'http://demo.twilio.com/docs/voice.xml',
    to: '+15558675310',
    from: '+15017122661'
  })
  .then(call => console.log(call.sid))
  .done();
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/python/install
from twilio.rest import Client


# Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/console
account_sid = 'ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'
auth_token = 'your_auth_token'
client = Client(account_sid, auth_token)

call = client.calls.create(
    url='http://demo.twilio.com/docs/voice.xml',
    to='+15558675310',
    from_='+15017122661'
)

print(call.sid)
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/ruby/install
require 'rubygems'
require 'twilio-ruby'

# Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/console
account_sid = 'ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'
auth_token = 'your_auth_token'
@client = Twilio::REST::Client.new(account_sid, auth_token)

call = @client.calls.create(
          url: 'http://demo.twilio.com/docs/voice.xml',
          to: '+15558675310',
          from: '+15017122661'
       )

puts call.sid
# Install the twilio-cli from https://twil.io/cli

twilio api:core:calls:create \
    --url http://demo.twilio.com/docs/voice.xml \
    --to +15558675310 \
    --from +15017122661
curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Calls.json \
--data-urlencode "Url=http://demo.twilio.com/docs/voice.xml" \
--data-urlencode "To=+15558675310" \
--data-urlencode "From=+15017122661" \
-u ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:your_auth_token
負担が大きいハードウェアより、パワフルなソフトウェアを。
直感的なAPIを使用して、希望する通話体験を正確に構築。古くなったハードウェアでは太刀打ちできないレベルまで拡張できます。
低レイテンシーと明瞭な音声で、質の高い通話を実現
レイテンシーによっては、通話の自然なリズムが台無しになることもあります。Twilioは、最寄りのデータセンターに通話をルーティングすることで、通話品質を確保しています。
新たなコミュニケーション回線を構築
PSTN、SIP、VoIP通話を、任意のアプリ、サイト、サービスに埋め込みます。Voice APIがあれば、シンプルなHTTPリクエストを使った通話が可能です。
機能
あらゆる分野をカバーするドキュメントと数百万の開発者が参加するコミュニティで、理想のカスタム通話体験を模索しましょう。
理想の音声体験を確実に構築
あらゆる分野をカバーするドキュメントと数百万の開発者が参加するコミュニティで、理想のカスタム通話体験を模索しましょう。
Twilio Proxy:
プライバシーを損なうことなく顧客とつながる
顧客と直接会話するスタッフが、個人の連絡先情報を開示することなく、自分のデバイスを使って顧客と話せるように権限を付与します。Proxy APIは、電話番号の管理や再利用など、マスキング通話における面倒な手続きを一手に引き受けます。
Proxyの詳細を見る
自分で展開、または手軽にドラッグ & ドロップ
Twilio Studioのビジュアルエディターを使えば、コードを記述して展開することも、ドラッグ & ドロップで構築することもできます。
Twilio Studioがあれば、時間とスプリントを節約することができます。チームメンバーはあなたのコードかTwilioのコードを使用し、共通のフレームワーク内で音声フローの作成や変更ができます。
柔軟な音声料金オプション
着信は1分当たり$0.003から、発信は1分当たり$0.0095から。ニーズに合わせて料金オプションを選択できます。
icon-pay-as-you-go
従量料金
使った分だけお支払い。契約も容量プランも不要です。
icon-volume-discounts
ボリュームディスカウント
アプリケーションの利用が一定量に達すると、自動的に割引料金が適用されます。
icon-commited-use-discounts
確約利用割引
毎月の確約利用量を設定すると、さらに割引。詳細は、お問い合わせください
Voice料金を見る
Twilioで構築。信頼性の高いコード
メンテナンス期間なし
Twilioは、毎年10万件以上の導入実績を達成しながら、99.999%のアップタイムを維持しています。
99.999%のAPI成功率
APIの稼働中にエラーが返される場合は、アプリがダウンしています。API成功率は、アプリケーション体験を維持するための重要な指標です。
データプライバシーとコンプライアンス
ISO 27001認証と2018年5月より思考されているGDPRコンプライアンスに準拠。大手企業もTwilioのデータ管理に信頼を寄せています。
先を見越したキャリアルーティング
Twilioは、キャリアのダウンタイムがアプリケーションに影響しないように、ルーティングの最適化を年間100万回以上行っています。
不要な着信なし
120日間/7ポイントの電話番号クリーニングプロセスにより、以前の番号所有者宛ての通話を着信しないクリーンな番号をお届けします。
グローバルな対応範囲
全世界100か国以上の国や地域で、音声対応の現地番号を確保し、数千社の現地キャリア接続を利用できます。